市制施行20周年と第29回国民体育大会を記念し、また、美しい環境づくり運動を盛り上げるために「市の木」「市の花」「市の鳥」が昭和49年(1974年)3月29日に制定されました。

 
高萩市の「高」を簡明に図案化
し、上部の両翼は飛翔を意味し、
中央の尖剣(せんけん)は、向上
を表し、市の円満協力性と発展
性を強く表徴している。
 (昭和30年2月19日制定)
市の花『ハギ』 高萩市市章(市のマーク) 市の木「マツ」
候補としてハギ、ヤマザクラ、
ツツジ、ハマナス、ツバキがあ
った。はぎは秋の七草の筆頭
で、花も優美で、強じんな生命
力を持っていること、市内に多
く生育し、市民に愛されている
こと、高萩市の名称になってい
ること、などから市の花として
最もふさわしいとされた。
候補には、マツ、スギ、イブ
キ、カシ、シイがあった。まつ
は常緑樹で、古くから祝い事
に用いられていること、市制
施行は高萩町(旧松原町)、
松岡町、高岡村の2町1村が
合併して市となったもので、松
に関係が深く、白砂青松の地
として有名であったこと、市内
に数多く生育し、名木も多く、
市民に親しまれていること、な
どから市の木として最もふさ
わしいとされた。
市の鳥「キジ」
候補には、キジ、ウグイス、ヤマ
ドリ、メジロ、ヒヨドリがあった。キ
ジは市内の山間部に生息してお
り、古来から愛情の深い鳥であ
るとされ、日本の国鳥であり日本
特産種であるということから、市
の鳥にキジが選ばれた。

参照資料:『高萩市例規集』・『高萩の植物』・『市報たかはぎ保存版』
○○○について、知りたいという時には、図書館所蔵資料を活用してください。