T.ハワイに関する書籍・雑誌類の紹介
                                             私がこれまで読んだハワイを舞台とした、あるいは、テーマとした日本の小説や紀行文・ちょっと変わった観光ガイド本・
                                               ハワイ民俗文化研究本・ハワイアンシャツ写真及びハワイ特集号として販売された雑誌の紹介です。
                                              表紙画像・タイトル名・出版社名・著者名・発行年代・コンテンツを掲載しました。
                                    まだまだ不充分な情報量かもしれませんが、ハワイに興味のある方なら、ここに掲載した本は、満足できるものです。
                                              では、ごゆっくりどうぞ...。

                                                    1.
小説(片岡義男編)

表スタイル

表紙画像

本のタイトル名                          
著者名
発行所(文庫名)
発行年
      目次

ラハイナまできた理由           (全ページ数:236P)   .
片岡 義男
同文書院
2000年
  • ラハイナまで来た理由
  • 片仮名ではスパム・アンド・エッグス
  • パウ・ハナの美女
  • 雛祭りに泣いた
  • 雨の夜の映画
  • 濡れた新聞とコナ・コーヒー
  • 赤い帽子のバトロメ
  • いつもその窓から見ていた
  • 失われた路面電車
  • 写真に添えたひと言
  • 買って来たピッツアとロウソクの明かり
  • 干潮時水位
  • カプリース・クラシック・クーペ
  • ふたりで食べた林檎
  • 父親のウクレレ
  • 雨の朝のヒロ・マーチ
  • エルヴィスで4ページ
  • カリフォルニア生まれだ、ソバカスがある
  • ファミリー・フォトグラスズ
  • プールにも台風が来た
  • プレート・ランチという幸福
  • ファイヴ・オーのなかのハワイ
  • ウルパラクアの赤
  • まるで落穂拾いのように
  • ホノルルで雑誌を作る
  • そこを滑り下りる遊び
  • 別れの磯千鳥
  • 姉とエルヴィス・プレスリーの会話

 


***2000年以前の発刊本***

表スタイル

表紙画像

本のタイトル名                                 
著者名
発行所(文庫名)
発行年
      目次

コーヒーもう一杯                 (全ページ数:238P)     .
片岡義男                                   
角川文庫
1980年
  • チャイナタウンへの坂道
  • ホノルル・ブックストアへ歩くまでに
  • ブルー・フォ・オールド・ハワイ
  • 他、メインランド関係をも掲載した短編集          

波乗りの島
 - ブルー・パシフィック・ストーリーズ -       (全ページ数:334P)    . 
片岡義男
角川文庫
1980年
  • 白い波の荒野へ
  • アロハ・オエ
  • アイランド・スタイル
  • シュガー・トレイン
  • ベイルアウト
    (佐藤秀明氏による当時のハワイの写真画像11枚掲載されている)

限りなき夏1               (全ページ数:202P)       .
片岡義男
角川文庫
1981年
  • 第1章目は当時のハワイの写真画像を40枚掲載あり
    (写真家は、記述されていないが佐藤秀明氏と思われる)
  • 第2章目から小説になっている
    (目次項目なしの長編小説)

町からはじめて、旅へ          (全ページ数:244P)      .
片岡義男
角川文庫
1981年
  • 町からはじめて旅へ
  • 南海の楽園より
  • サーフシティからの航空便

8フィートの週末          (全ページ数:198P)           .
片岡義男
新潮文庫
1983年
  • 目次項目なしの長編小説
  • 佐藤秀明氏による39枚のハワイの写真画像掲載あり

頬よせてホノルル         (全ページ数:188P)          .
片岡義男
新潮文庫
1990年
  • ラハイナの赤い薔薇
  • 冬の貿易風
  • アロハ・シャツは嘆いた
  • 双眼鏡の彼方に
  • ヒロ発11時58分

サーフシティ・ロマンス        (全ページ数:164P)     .
片岡義男
晶分社
1978年
  • わが心のノース・ショア
  • サーフシティからの航空便
    スープ皿の中で / いつも靴をはいている足の悲劇 / サーフは、水分子の回転運動です /
    波乗り映画館 / スケートボード・メカニズム / 限りなき夏のはじまり /
    サーフ・バムは樹の上で寝た / サンタモニカの黄金の日々 /
    誰がいちばん初めに波に乗ったのか / シティ・ボーイはみじめだからコンクリートと格闘する /
    波乗りとは、心の状態のことなんだ / ONCE UPON A TIME / サーファー・ムーン /
    サンシャイン・ミュージック / サーフボードは自分自身だ / サーフボードのシェーピング /
    波乗りだけを専門にとるプロのカメラマンたち
  • SURFING!
    まだ沖に出ている夕陽のサーファー / 風と光と波のなかで、チューブライダーが伝説をつくる /
    サーフ・スポットの海底がコンクリートだったらどんな気持ちか /
    陽が沈むころ、オンボロ自動車で波乗りフィルムを観に行く /
    ひとりで撮るつもりのサーフィン映画 / 海岸の古びた一軒家でソリッドな食事をし煙草を吸わない /
    雷でまっぷたつになった赤いサーフボードの物語

僕が書いたあの島
 
-片岡義男エッセイ・コレクション-       (全ページ数:317P)     .
片岡義男
太田出版
1995年
  • サーフシティからの航空便
    誰がいちばん初めに波に乗ったのか / 遠い昔の日に /
    限りなき夏の始まり、1970年代の東京 / サーフ・バムは樹の上で寝た /
    サンタモニカの黄金の日々 / 波乗りだけを専門に撮るプロのカメラマンたち /
    波乗りとは、最終的には、心の状態だ / 絶望のパートタイム・サーファー / サーファー・ムーン
  • 彼らはなぜ海へ来るのか
    長い海岸線の全域にわたって / 彼がはじめて太平洋を見たとき /
    それは薄く立ちあがり、まっすぐに走る / 聖地への入口としての、コンクリートの駐車場 /
    完璧にちかい正三角形がひとつ / 冬のハーモーサ・ビーチ、6フィートの波 /
    霧の海でひとり叫ぶとき / 桟橋で聞いた話 / 夏は終わる。しかしサーファーにはなれる /
    陽が沈むころ、オンボロ自動車で波乗りフィルムを見に行く /
    海岸の古びた一軒家で、ソリッドな食事をし煙草を吸わない /
    地元サーファー、グレイト・ホワイト・シャークに食われ、死ぬ /
    小さな島にいると自分がよくわかる、という話 / 太平洋の海底地図を見ながら /
    1962年、限りなき夏 / ボード・セイリィングの町 / ロングボードの宇宙 /
    宇宙の時間と空間のなかへ / 12月のハワイは波乗りシーズンのちょうどまんなか /
    波の上を歩いた姉
  • どこにもないハワイへ行くには
    祖父のポケット・ナイフ / ハワイのいなり寿司 / ブルー・ハワイ / チャタヌーガ・チューチュー /
    移民の子の旅、ホノルル、1868年 /
    ホノルルのダウンタウン、キングス・ベーカリーから、ハワイアン・スィート・ブレッドをお届けします /
    『ビーチコウミング・フォ・ジャパニーズ・グラス・フロウツ』なんのことだか、わかりますか /
    僕がもっとも好いている海岸 / あの店でコーヒーを飲みたい / 定点観測地点としてのワイキキ /
    ある日の朝、彼が髭を剃っていたら / ハワイみやげの作り方-その完璧な一例 /
    ホノルル・ブックストアへ歩くまでに / どこにもないハワイへの行きかた /
    あの夏の女たち / アイランド・バウンド / ハネムーナーズ・カクテル /
    ホームシック・アイランド・ボーイ / 本物 / ショート・パンツ / ラハイナ /
    アロハ・シャツの歴史を旅する / あのアロハ・シャツの謎が解けた
  • 南海の楽園より
    昔のハワイという時空間への小さな入口 / 僕にとっての個人的なスタンダード /
    「あんた、なに食う?」 / 貝がら売りの泣きむし男 / ダ・カインとは、どんなもの? /
    秩父がチャイチャイブーだなんて、すごいじゃないか / 憧れのハワイ航路 /
    シジミ汁のシジミを数えよう! / ハワイアン・ハイ・タイム /
    アロハ・シャツは教会のバザーで買うものさ / カラカウア・アヴェニューの黒い岩 /
    ハワイアン・ドリンキング・ウォーター / ヒロの一本椰子 / 木こりたちよ、その樹を切るな
  • あとがき
    僕が書いていくための、あの島

 

 

 


  TOPへ    次ページへ