Bob James - Keiko Matsui in recital One Piano, Four-Hands
Script courtesy of Bob James
In the 18 and 19th century the practice of arranging symphonic music for 2 performers at one piano was very popular. For those who didn't have the opportunity to attend orchestral concerts, it was the only chance to hear the great masterworks, and most composers published arrangements of their larger works for piano. Many compositions started out as piano sketches and were later orchestrated. Using 2 pianists at one instrument made it possible to bring out more of the orchestral textures. One of the composers who often wrote original works for Piano Four-Hands was Joseph Haydn. We have taken one of his charming pieces, in which he uses the idiom to clearly identify two characters, the teacher (lower part) & student (upper part). We thought this was a good way to introduce this style, which has many challenges different from normal technique; such as avoiding the collision of hands, and the control of the pedaling. We started with Haydn's basic theme, and then adapted it into a contemporary story of our own. Please join us on this adventure back into a different era. Bob James

18世紀から19世紀にかけて、ヨーロッパではシンフォニー音楽を連弾に編曲し演奏することが盛んに行われていました。オーケストラの演奏を聴く機会を持たない人たちにとって、有名な交響曲を聴く唯一の方法が連弾によるピアノ演奏だったのです。自分の曲をもっと頻繁に聴いてもらいたい、演奏してもらいたい。そう思った、ほとんどの作曲家が自分のオーケストラ作品を連弾用に編曲し出版しました。ジョセフ・ハイドンはオリジナル曲を連弾形式で作曲し、後にそれをオーケストラ作品に仕上げることを好みました。二人の演奏家が一台のピアノを弾くことによってオーケストラに似たテクスチャーを表現することが出来たのです。私たちはこのハイドンの曲でコンサートの幕を開けたいと思います。二人の演奏家が異なるキャラクターを持って、明らかな特徴を出しながら演奏できるように作られている曲です。低音パートを先生が、高音のパートを生徒が弾くように構成されています。そして、ペダルを使い分け、手を上手く交差させ、通常使わない連弾独特の技術を駆使するように作曲されています。そして、ハイドンの世界を私たち独自の世界に広げてゆく、そこに今回の私たちの試みの原点を感じていただければ幸いです。こうして時空を超えて音楽を思索する私たちの旅に、共に加わっていただけることを嬉しく思います。ボブ・ジェームス
(C) 2001 Music Gang Productions

home