事態の推移 寄せられた意見 新聞報道 学研からの回答 茨城県教育委員会からの回答 ご意見はこちらへ

学研「中学体育実技」副読本70万冊に重大ミス! 

教科書における適切な表現を求める公開質問状(私信)2000.12.8

○○市教育委員会教育長 殿
茨城県教育委員会教育長 殿
(株)学習研究社発行人 殿

中学1年生の娘を持つ父親です。昨日何気なく茶の間においてあった教科書の表紙を見て目が点になりました。「株式会社 学習研究社 Love Sports 中学体育実技 茨城県版」です。(写真右は全国共通版)

中学卒業程度の英語を理解できる分別のある人なら、ここまで読んで私が指摘したい大きな間違いに気がつくはずです。Love Sportsはずばりセックス、性行為を意味します。一連の世の中の風潮に合わせてどうしても英単語による表現をせざるを得ない場合など考えられないのですが、最低 We Love Sports.と書かなければなりません。英語を母国語とする大学教授の確認もとっていますから、解釈についての言い訳はできません。

かつて、日本が好景気に沸いた60年代に同じ様な「知ったかぶりの和製英語」が英語を母国語とする国々の笑いを誘った例を思い出してください。現在はOL(Office Lady)と表現される以前、会社勤めの女性をBG(Business Girl)などと無意識に無知まるだしで使用した時代がありました。英語の意味するBGとは街角に立つ性を売り物にする女性のことです。

内容がとてもいい教科書なので、表紙、裏表紙に書かれたLove Sportsという思慮が欠如した、知ったかぶりのデザインがとても残念なのです。教育する、教育を受けることは社会にとって重要です。税金を使っての教科書ですから内容、デザインがしっかり検討されなければなりません。

間違いを指摘する私個人の立場としては、即刻、2001年発行版での削除を求めます。マジメに学習する子どもたちが笑い者になって欲しくないのです。責任は発行者、採用する当局にあります。

Love Sportsという表現を敢えて使い教科書を発行した理由、採用した理由、今後の対処を具体的に文書で1週間以内にご回答願います。

佐藤 淳


タイドHPへ